鹿児島発情報サイト
文字サイズ

ようこそ「かごしま大人の書斎」へ! 鹿児島発信の情報サイト。 随筆・写真・生活情報など、情報満載です!!

File14. いちき串木野市 みその食堂 名物「まぐろらーめん」

かねてより、テレビで何度も見かけていた「まぐろらーめん」。
熱々のラーメンの上にまぐろのお刺身がのっている・・・。
最初に見たときは「本当に美味しいの?!」と衝撃を受けつつでした。
今では知名度も上がり、全国区のテレビで何度も取り上げられる程、話題性もあり大人気の様子。
その中でもよく取り上げられている「みその食堂」へ・・・
遅ればせながら、行ってみることにしました。

国道3号線を伊敷方面から真っ直ぐ北上。
渋滞していなければ、鹿児島市街地より1時間程で着きます。
鹿児島市側からだと道路右手にあり、真向かいに「神村学園」があるため、
とにかくわかりやすい!駐車場の「まぐろらーめん」ののぼりが目印です。

みその食堂

待つのが苦手な我が家族。お昼時を若干過ぎた14時過ぎ頃到着。
ふと見るとお店の前に10人以上待ってる人がいる・・・。
入口前のボードに名前を記入し、待つこと30分程。
ようやく店内へ案内されました。
店内はカウンターが5・6人、窓際に2人席が2つ程あり、4人席が2つ、奥に15人以上入れそうなお座敷がある感じでした。

メニューを見ながら早速注文、
私「まぐろらーめん」・・・・・・・・・・・・・¥730(税抜)
夫と息子「かごしまとんこつ食堂らーめん」・・・¥630(税抜)
それと「黒豚炒飯(大盛)サラダ付」・・・・・・¥820(税抜)
全体のメニューはラーメンが5種類程と、
炒飯、天津飯、餃子等+セットメニューという感じです。

次々に入ってくるお客さんたちの多くが「まぐろらーめん」を注文している様子。
やっぱりこれ目当てで来るお客さんが多いんだなあと納得しつつ。

しばらくして料理が運ばれてきました。
まず、何と言っても「まぐろらーめん」!

まぐろらーめん

テレビで見ていたのと同じ、まぐろの赤身とわさびがのってる!!
まず澄んだスープを一口。とってもあっさりしていて食べやすい。
次は念願のまぐろ。熱々のスープの中、まぐろは半分火が通った状態。
魚特有のくさみはなく、味がしっかりついていて美味しい。
鹿児島ではあまり見ない縮れ麺に、あっさりスープ。
今まで食べなれていた豚骨ラーメンとは全く違う味に家族みんな「旨い」と一言。
まぐろとわさびを合わせて食べると、また違った「和」な風味。

夫と息子の「かごんま食堂とんこつらーめん」は食べなれた豚骨味とのこと。
大好きなチャーシューとシャキシャキのもやしを食べつつ、
「美味しい!」と息子大喜び。

かごんま食堂とんこつらーめん

「黒豚炒飯」は優しい味。まろやかで食べやすい。
大盛りだったため、ラーメンとあわせて食べるとさすがにお腹いっぱいになりました。

黒豚炒飯

お店は、宮崎の古民家を解体して移築したというこだわりのある木造の建物。
落ち着いた雰囲気の外観に懐かしさを感じつつ。

psyoku14b

また、併設されていた「黒平」というハンバーグ屋さんもとても美味しそう。
同系列のお店とのこと。ステーキ丼等もあり、お肉大好きな息子はここにも行きたいとのこと。
ドライブがてら、美味しい時間を過ごすことができました。